太陽光発電を設置する際に買取制度は、かなり重要な内容だと思います。
設置費用がかなり高いだけに、買取制度で投資した分を戻すのは大きな鍵の一つです。
太陽光発電の買取制度には契約があり、10年間電力会社が買い取る決まりになっています。
なので買いとりは安定する事になりますが、投資と収入のバランスがどうかが収支の大切な部分になります。
購入時にかかる費用は年々安くなっていますが、それでも高い物です。
設置したら何もしないでずっと発電するという物ではありません。
20年間の買取制度を踏まえた、シュミレーションの資料を見ました。
20年間で利益が出る金額は、約35万円です。途中故障などあれば、修理などで金額は変わると思います。
ただ、初期費用はかかりますが長い目で見れば、プラスが見込めます。
もちろん何もしなければ、プラスもないので設置メリットはあります。長い目で見るとなれば色々な心配があると思いますが、メーカーが主張している内容を見る限りでは大丈夫かなと思います。
例えば、出力制限などがあった場合、電気を売れなくなるなどの心配です。
しかし、買取制度の決まりには家庭の電力発電は対象外とされているので、その辺りは心配ないと思います。

太陽光発電について、こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ 太陽光発電 買取制度

関連記事


    太陽光発電にしようと思っている人の多くは今と昔の太陽光発電の違いについても大きな関心があると思います。 それはどうしてかというと、今太陽光発電に大きな関心がある人は今の太陽光発電と昔の太陽光発電は全然…


    企業にとって太陽光発電は経費削減に大きなメリットがありますが、最近では広く一般的な家庭にも普及してきました。 その理由について解説します。 まず、何と言っても、電気代が安く抑えられたり、ゼロに近くなっ…