いきなりできてしまったニキビには、そのニキビ部分にオロナインを塗って絆創膏を貼ると目立ちにくくなって即効で治ると言われています。
まず、普段どおりに洗顔して顔の汚れをきちんと落としたら、化粧水をコットンに染みこませてコットンパックを行います。この化粧水はニキビケア用のものがベストです。
準備したコットンにしっかりと化粧水を染みこませ、化粧水でヒタヒタになったコットンをニキビができた場所に5分から10分間パックします。
コットンパックでニキビをパックできたら、オロナインをニキビが見えなくなるくらいたっぷりと乗せるように塗ります。
オロナインを塗ったらなるべく触らないようにして、そのまま放置しするだけなのですが、気付かずに触ってしまう恐れがあるので、それを防ぐために絆創膏を貼り、ニキビを守るようにします。
絆創膏を貼るときは、軽くふわっと乗せるような感じで貼っていきます。
ニキビがつぶれてしまうので、押し付けないように気をつけます。
ニキビにオロナインを塗って絆創膏を貼る方法は、夜寝る前に行うことがおススメです。
軽いニキビであれば、目立ちにくくなって治すことができるでしょう。
後はしっかりと睡眠をとり、メイクをしない、もしくはナチュラルメイクで済ませるようにします。
ニキビの大きさによって個人差が出ますが、いきなりできたニキビにオロナインを塗って絆創膏を貼ることでニキビを目立ちにくくしてくれる効果は期待できますので、夜寝る前などに試してみると良いでしょう。

ロスミンローヤルについて、こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください
⇒ ニキビ オロナイン絆創膏

関連記事