女性にとって化粧水はなくてはならない必需品。高価なものから安価なものまで様々な商品が売られています。
わたしは学生時代など収入がないときは1本500円ほどのドラックストアで買える化粧水を使っていましたが、社会人となりある程度の収入が得られるようになったのを機に、百貨店などに店舗があるブランドの化粧品、いわゆる”デパコス”を買うようになりました。
値段はそれまで使っていたものの約10倍。値段的にもブランド的にもいいものに違いない!、これでわたしも美肌になれる!と、信じて疑いませんでした。
しかし、使い始めてみるとなんだかニキビが増えたような?その時は、肌に合わないものもあるし、ここのブランドの化粧品は合わなかったのだと他にも有名な化粧水があるブランドの商品に替えました。
値段はさぼと変わりませんでした。1ヶ月使ってみましたが、やはりニキビができる。
まだ残っていましたが使用するのをやめました。高かったのにともったいない気持ちでいっぱいです。
結局、その後は1本1000円程度の化粧水に落ち着きました。
わたしは肌が敏感で合うものがあまりないのかなと思いました。
そんな時、プロのヘアメイクさんと話す機会があり相談してみると「きっと、デパコスは値段が高い分、栄養がありすぎて余計にニキビができちゃうんですよ」とのこと。
びっくりしました。
栄養はあればあるほどいいものだと思い込んでいたので、高いもの=美肌になるというのは必ずしも正しいとは限らないのです。
化粧品は値段ではなく、安くてもその人の肌に合っているかが重要なのです。

こちらも参考にしてください⇒化粧水 値段

関連記事