肝斑とシミは違いがあり、シミは肌のトラブルが原因で肝斑は、女性ホルモンの減少や分泌の乱れからくるものです。
年齢と共に肌の潤いやハリがなくなりシミが気になりだして、アンチエイジングケアをする時、シミなのか肝斑なのか見極める事が大切です。
肝斑とシミの違いは、シミはメラニン色素が沈着して起こるもので、紫外線の影響や肌の環境などによるものです。
肝斑もシミの一種ではありますが、女性ホルモンが原因である事とシミのでき方に特徴があります。
目の周りや頬骨辺りに発生したり、シミが点では無く広がりのある面的なのが特徴で、左右対象に発生するという事もあります。
女性ホルモンの乱れにより起こる肝斑は、どのような時に起こりやすいかですが、妊娠や経口避妊薬の使用、更年期障害によるホルモンバランスの乱れが原因となるケースが多いです。
肝斑の改善をしてシミのないすっきりお肌を目指す為には、アンチエイジングスキンケアが必要となります。
スキンケアの1つとして肝斑を治療する事が大切で、効果的な成分はトラネキサム酸です。
この成分はメラニン色素の生成を抑制や無色化する作用があります。
シミの素となる成分メラニン色素を抑える事ができれは、肝斑を消す事が可能になります。
気になった方はこちらも参考にしてください。⇒肝斑 原因

関連記事