実際にこれから太陽光発電を導入しようと思った時は少し気を付けるべきことがあります。
それは太陽光発電を導入する場所が海岸からどの程度距離が離れている必要があるかというのがあります。
それはどうしてかというと、実際に太陽光発電を導入しようと思った時は太陽光パネルが塩害の被害を受けない場所に設置しないといけないというのがあるからです。
それは単に海岸から離れた場所に太陽光パネルを設置しないと太陽光パネルが故障してしまうという話でなく海岸からある程度離れた場所に設置しないと法的に設置できないという制限があるからです。
なので、海外から近い場所に太陽光発電を導入したら不都合があるというだけの話でなくそもそも法律で海岸から近い距離だと太陽光発電は導入できません。
ですから、単に塩害に合って太陽光パネルが壊れる事だけを考えずに自分が住んでいる場所が法律で太陽光パネルを設置して良い場所かどうか把握しておくのが大事になります。
そうしないと、いくら太陽光発電を導入しようと思った時でも太陽光パネルを設置できない事もあるのでまずはそこが海岸からどの程度離れていて法律的にも問題ない場所か調べるのが大事になります。
それで問題がない事が分かれば太陽光発電を導入すれば良いです。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 塩害

関連記事


    太陽光発電にしようと思っている人の多くは今と昔の太陽光発電の違いについても大きな関心があると思います。 それはどうしてかというと、今太陽光発電に大きな関心がある人は今の太陽光発電と昔の太陽光発電は全然…


    太陽の光が燦々と降り注ぐ真夏。太陽光発電には好条件の季節かと思いきや、以外にも太陽光発電を行う太陽光パネルは熱に弱いのです。 太陽光パネルはパソコンなどに使われるCPUやメモリと同じ半導体でできていま…


    企業にとって太陽光発電は経費削減に大きなメリットがありますが、最近では広く一般的な家庭にも普及してきました。 その理由について解説します。 まず、何と言っても、電気代が安く抑えられたり、ゼロに近くなっ…


    太陽光発電を設置する際に買取制度は、かなり重要な内容だと思います。 設置費用がかなり高いだけに、買取制度で投資した分を戻すのは大きな鍵の一つです。 太陽光発電の買取制度には契約があり、10年間電力会社…


    マーケティング用語として用いられるイノベーター理論ですが、家庭用太陽光発電の普及を理論づけることができるのかを述べたいと思います。 まずイノベーター理論とは1962年スタンフォード大学のロジャース教授…