外壁塗装は高額な工事なので失敗したくないと思うのは当然のことです、失敗しないようにするには外壁塗装について様々な知識を身につけることが大切です。
外壁塗装でよく聞く失敗として、塗り終わった後の家を見て「考えていた色と違う」といった色による失敗が多いと言われています。
しかも色による失敗は業者として対応したくても「希望していた色の塗料で塗った」としか言えないので、塗り直しを行う場合は別途費用がかかってしまいます。
色が違うからといって業者負担で塗り直しさせることは大変難しいことです。
基本的に色選びというのは客側の自己責任でもっときちんと解説して欲しかったと後で言っても元に戻すことは不可能ですので、あらかじめしっかりと塗料や色に対しての知識をつけておくことが大切なのです。
知識を身に着けるために外壁塗装 失敗しないを読んでみよう!!
面積効果や光源の違いによる色の見え方など、実際に外壁に塗った色と色見本では色味は必ず変わっているので、色見本やカラーシュミレーション、塗料メーカーが出すカラーサンプルなどは実際に家に塗ってるものではないことをあらかじめ認識することで、色による失敗リスクを減らすことにもつながると言えます。
見本はあくまでも見本でしかなく、実際の色味と違ってしまうのでそういったことも考慮して色を選ぶことや、色の見え方を知っておくことで、上手な色選びができると言えます。

関連記事