酵素は野菜や果物に多く含まれていますが、酵素の特性として熱に弱く、50度以上で成分が破壊されてしまいます。

ですが、生酵素222は熱を加えない非加熱発酵で作られています。
熱を加えず発酵させる方法とは、美容、健康、ダイエットに良いと言われている成分を旬の時期に収穫し、その中でも特に栄養価の高い野菜、果物、野草、穀物、海藻など222種類を厳選、中でも厳しい自然環境の中で育った野草の有効成分に注目し、栄養価の高い根の部分もまるごと原材料として使用しています。
これらの原材料を細かく切って煎じてエキスにし、さらに凝縮した果汁を合わせ、独自開発した有用菌を入れ、数年かけて熟成発酵させます。
仕込みの度に新しい菌を使用し、独自に選定された菌は厳しい環境でも力強く、寒い冬の間にも植物を発酵させてくれます。
水分やアルコールを飛ばして、植物酵素を抽出します。
熱をかけずに自然に近い環境で水分やアルコールを飛ばしていきます。
そしてカプセルにするといった手間と暇をかけて生酵素222が作られているのです。

参考はこちら →生酵素 222

さらに品質管理のため、材料調達、発酵、カプセル充填までの各段階で厳密な検査を行っています。

生酵素222の非加熱発酵は手間と暇をかけて厳しい検査などを通過して完成されたサプリメントなので
品質も安全性も高く、非加熱なので酵素の成分もそのまま凝縮されているので、酵素の有効成分をダイレクトに届けてくれるので
酵素の力を存分に引き出してくれるのです。

関連記事