「英語圏の国に滞在する」とか「外国人の友人を作る」とか「映画を原語のまま観たり、英語圏の音楽や英会話でニュースを聴く」といったやり方があるが、とりあえず最初に英単語そのものを2000個程は覚えることです。
オーバーラッピングという英語練習法を取り入れることによって、聞き取り能力がよくなる要因は二つ、「自分が口に出せる音は正確に聞くことができる」ためと、「英語の処理能力が上がる」ためだということです。
使い方やシーン毎のお題に合わせた対話を使って対話力を、英語のトピックやイソップ物語など多数の教材を用いることによりリスニング力を身に着けます。
ふつう英語には個性的な音同士の関係があるのを認識していますか?このような事柄を認識していないと、どれだけリスニングを重ねても単語を聞き分けることが適いません。

↓ここも見て下さい↓
山内勇樹 TOEIC

関連記事