お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。
銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。
一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。
このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。
また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。
住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。
住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。
一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。
ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。
何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。
複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。
急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。
そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。
一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。
預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。
お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や誰でも借りれる消費者金融などがあります。
信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。
これに対して誰でも借りれる消費者金融というのは貸金業専門となりますので利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。
消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。
銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。
人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。
とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。
人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。
それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。
そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。
昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。
最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。
業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。
就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。
気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。
誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。
過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。
また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。
つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。
又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。
カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。
郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。
問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。
ちなみに、パソコンやスマホからだと誰でも借りれる消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。
審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。
消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。
銀行は銀行法、誰でも借りれる消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。
これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。
ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。
誰でも借りれる消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。
バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。
現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。
最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。
一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。
カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。
決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。
返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。
そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。
返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。
各誰でも借りれる消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。
消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。
消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。
しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。
又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。
ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと誰でも借りれる消費者金融やクレジットカード等があります。
近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。
金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。
銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。
とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。
近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。
当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。
借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。
一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。
今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。
消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。
昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。
金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも誰でも借りれる消費者金融のほうが圧倒的に多いです。
そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。
また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

大手の消費者金融アコムのキャッシュサービスは、近所にあるコンビニATMや銀行ATMに対応していますので、専用のATMを探す手間も省けるでしょう。
営業時間を気にして行動しなくても良いですし、ATMを操作していてもアコムのキャッシングを利用しているとは思われないので、借金を知られたくない人には最適です。

以下がおすすめです。
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

関連記事